任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にして

任意整理や個人再生は債務の減額を主目的にしているため、同じ債務整理でも自己破産とは違って、額は減ったなりに債務は残り、返済しなくてはいけません。

 

しかしここで返済を怠ると、やっと取り付けた和解内容が破棄され(個人再生では再生計画の取消)、遅延した期間に応じた延滞利息も含め、すべての債務を一括で返すように迫られることもあります。たった一回の遅延でも起こり得ます。和解というのは約束ですから、守るよう、肝に銘じておくべきです。

 

債務整理と一言で述べても色々なタイプがあるものです。
個人再生とか特定調停、個人返済不能や過払い金請求など多彩です。

 

 

どれも性質に相違があるので私はどれをえらべばいいのかというのは専門家に相談して決心するのがいいと感じます。債務整理を行った後で、住宅ローンを銀行で申し込むとどうなるかということですが、利用できないことになっています。あと数年くらいは、お金を借りることができなくなって、信用情報にも記載されてしまいます。
利用したい場合にはしばらく待つようにしましょう。借金を重ね、金額が膨らんでしまって任意整理を行うことになった場合、また新たに借り入れをしたくなったり、クレジットカードを作成しようとしても、信用機関にはそういった情報が残ってしまうため、審査に通過することが出来ず、数年程度はそのようなことをできないということになるのです。
借金をすることがクセになってしまっている方には、かなりの厳しい生活となるでしょう。
任意整理を終えて、任意整理の打ち合わせをした業者から借金することは無理になります。でも、任意整理が終わった後、色々なところで借りたお金を全て返し終わったら、約5年から10年経てば、信用情報機関に、書き記された情報が消滅しますので、それから先は借り入れが不可能でなくなります。弁護士や司法書士など、その道のプロが債務整理をしても、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。
ですが、債務整理の期間は延滞損害金や金利が増えるようなことはないでしょう。

 

仮に、任意整理や個人再生をして債務の負担が減った場合も、まだ返済可能だと判断された債務が残っています。この残った借金については、金利は発生しません。ですが、万が一、返済が遅れてしまうと、延滞損害金が発生してしまいます。

 

さらに、この損害金と共に、債務の一括返済を請求されるケースもありますから、気を付けてください。

 

自己破産の時はもちろん、個人再生の時も手続きをするにあたっては全ての借入先(債権者)がその対象となるのですが、任意整理の場合は1債権者ごとに選んで手続きするため、全ての債権者に対して行うことも可能ですが、債権者ごとに時間も費用もかかりますし、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して手続きをすることになります。

 

 

しかし減額交渉は任意ですから、債権者側が任意整理の申し出に応じなければ、減額できないこともあるのです。債務整理の手続きは、ご自身でもできます。

 

 

とはいえ、十分な法的知識を持っていることが大前提になります。また、膨大な数の書類を揃えなければいけませんし、実際の手続きで長期間拘束されることは確実です。

 

一般人には難易度が高いですから、債務整理のことは弁護士などの専門家に一任した方が上手くいく可能性が高いでしょう。
彼らは十分な知識のあるプロですから、早々に解決してくれるでしょう。