債務整理をしたとしても生命保険をやめ

債務整理をしたとしても生命保険をやめる必要がないことがあるのです。任意の整理を行っても生命保険を解約しなくても良いのです。注意しなくてはならないのは自己破産する時なのです。自己破産をすると裁判所から生命保険を解約するように命じられる時があります。減額された返済を滞りなく行って、無事に債務整理を終わらせた場合でも、ある程度の時間が経たないと、クレジットカードなどのサービスを使いたくとも、審査をパスできなくります。
借金を債務整理で処分すると、この事実が信用情報機関に保存され、ブラックになりますから、最低でも5年経たなければ、新規でクレジットカードの申請をしたり、ローンの審査を通過することや、大手企業のキャッシングを使うことは100%できなくなってしまいます。貸与型の奨学金の申し込みをする際は保証人として親や親族が名を連ねていることが多いです。

 

 

 

しかし、その保証人が過去に債務整理を行っていると、審査の時にはじかれてしまうことがあります。

 

 

 

親族が高齢で保証人を頼めないというケースもありますし、事情があるのなら人的保証制度ではなく機関保証制度を選択すれば、最初から保証人不要で貸与型奨学金を申し込むことが可能です。月々の奨学金から保証料は分割で引かれるので初期負担の心配は不要です。

 

 

 

個人事業主が債務整理で個人再生を行ったというケースでは、まだ手元にない売掛金が残っていたら、財産として扱われます。

 

もし、1000万円の借金があるといったケースなら、個人再生を行うと、借金の総額を5分の1の200万円にすることが可能です。ただ、100万円の売掛金が残されているとして、この売掛金の5分の1が返済額にプラスされるので、220万円の債務になります。

 

 

 

返せない借金があって債務整理を進めているところで離婚が成立する場合、それが生活費の足しにするための借金だったなど婚姻生活によって出来たものだったならば財産分与の際、対象に含まれて分割されます。財産に含まれるのはプラスの資産のみでは無く、金額的にはマイナスであっても同じように財産とされるためです。

 

 

なお、夫か妻が婚姻前から持っていた借金や、たとえ婚姻中にできたものでもギャンブルなどによる個人的な借金なら財産分与の対象からは除かれます。

 

任意整理を行う場合、特定の債権者を債務整理の対象から外して債務を処分できます。これにより、携帯電話会社への債務を整理しなければ今の携帯をそのまま所有することもできます。これまで通り新規契約したり、機種変更することができますが、当然ながら、ローンの利用ができないので、携帯自体の代金は一括払いになります。

 

 

 

しかし、今までの携帯料金が未払いのままのケースでは、そもそも契約自体ができないでしょう。一口に債務整理といっても3通りあり、裁判所を介さない任意整理のほか、個人再生、収入がない時に適用される自己破産などがあります。

 

 

どれが一番良いかはさておき、任意整理と個人再生では、安定収入がある人というのが前提になっています。

 

裁判所を通す個人再生も、裁判所を通さない任意整理も「債務の減額」が趣旨であり、債務そのものは残るわけです。

 

その返済のために安定した収入があることが不可欠なのです。

 

個人再生や自己破産などを含めた債務整理は、増えすぎた借金を整理するために重要な方法ですが、手続きが終わるまで数ヶ月は見ておかなければいけません。

 

 

 

中には、この期間中にも資金が足りなくなり、再び借金をしたいと考える人もいるでしょう。

 

 

 

とはいえ、債務整理の最中にどこかで借入するようなことは、どのような事情があっても止めましょう。

 

これがバレてしまうと、裁判所で更生の可能性がないと判断され、弁護士が辞退したり、債務整理が失敗して支払義務だけが残ることもあるため、絶対にやめましょう。