2017/08/21 18:54:21 | 手続きが始まる
一口に債務整理といっても色々ありますが、いずれも手続きに着手した時点から貸主からの督促や連絡行為は止みます。とは言うものの、同じ債務整理でも個人再生と自己破産では債権者全部が自動的に対象となるのですが、任意整理は全てを対象とするわけではなく、減額幅の大きい貸主を選んで手続きするものです。というわけで、対象から外した債権者による返済の催促や連絡といった行為は今までどおり行われます。任意整理によって債務整理を行うことにした場合、延滞金や将来利息をつけない返済にしてもらう事ができるでしょう。ところが、元金を減額してもらおうとすると、非常に大変です。担当弁護士や司法書士の交渉力によってはもしかしたら減...
2017/05/06 20:59:06 | 手続きが始まる
もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは借金の返済の際に余分に払った利息のことです。以前は多くの貸金業者がグレージーン金利と呼ばれる高金利でお金を貸し付けていました。そのため、ここでお金を借りていた人は高い利息をつけて返済していました。この払い過ぎた分が過払い金です。過払い金を請求して返してもらえば、今ある借金を返せるかもしれません。債務整理をするにあたっては、債権者への支払いが済んだ借金の払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。過払い金返還請求を行う時には、その...
2017/04/21 01:35:21 | 手続きが始まる
もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは高金利で貸された借金の返済分のことを意味します。平成20年に法が変わる前は、20%を超える違法な高金利で融資をするような業者がたくさんありましたから、債務者は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。つまり、この余分な利息が過払い金となります。過払い金を請求して返してもらえば、債務を減らすことができるでしょう。たとえ、人には言い辛い内容であっても、自己破産する時には、すべてを正直に弁護士に申告しましょう。弁護士は依頼者を信頼して手続きを進めているため、嘘...
2017/03/17 10:23:17 | 手続きが始まる
債務整理は借金を整理するための手段で、これを行うと借金地獄からは解放されるものの、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるという欠点も当然あります。そして、誰もが気になるのがブラックになってもアパートやマンションの賃貸契約が結べるのかということでしょう。現状としては、契約不可のところもありますが、それほど数は多くないようです。選択の幅は少し狭まってしまうとはいえ、ブラックでも借りられるところはありますから、その点については心配ないでしょう。債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたり金融機関の...
2017/01/27 00:50:27 | 手続きが始まる
その利便性の高さから、つい使い過ぎてしまうクレジットカードですが、返済能力を超えた場合、返済が難しくなってしまいます。一般的に、一括での支払いが無理ならば、リボ払いに変更するしかありません。ですが、この返済方法でも支払いが滞ることがあります。こうなってしまうと、追い詰められ、まともな生活ができなくなるので、弁護士などに債務整理を依頼し、できる範囲で返済することをおススメします。借金が返済しきれず債務整理という手段をとるときは、昔は情報がなかったものですが、いまはネットで比較的簡単に債務整理にかかわる情報を得られるようになりました。ただ、職場や家のPCで検索すると閲覧履歴や検索履歴、アクセスログ...