もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすこ

もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。
過払い金について知らない人がいるかもしれませんが、これは借金の返済の際に余分に払った利息のことです。

 

以前は多くの貸金業者がグレージーン金利と呼ばれる高金利でお金を貸し付けていました。そのため、ここでお金を借りていた人は高い利息をつけて返済していました。この払い過ぎた分が過払い金です。過払い金を請求して返してもらえば、今ある借金を返せるかもしれません。
債務整理をするにあたっては、債権者への支払いが済んだ借金の払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。
過払い金返還請求を行う時には、その当時の借金額や取引の履歴が残った書類があるといいでしょう。取引の履歴によって、利息がいくらなら妥当なのかがわかるため、過剰な利息の支払い分を返還請求することが認められます。
任意整理の場合、債務の一部を清算することになりますが、これ以外の債務整理では、今ある借金すべてを整理するために手続きをします。

 

 

法の手続きをとっていない任意整理では、話し合いで互いの妥協点を探るので、場合によっては、債権者が取り合ってくれないこともあるでしょう。

 

 

 

弁護士事務所などを通した方が上手くいきやすいのですが、依頼の際に、一部の借金を隠すようなことは厳禁です。

 

秘密にしたままでは、信頼してもらえず、債務整理が失敗することもあります。債務整理は、多重債務などで支払えなくなった借金を整理するのに有効な手段ですが、完了するまでにはどれくらいの時間がかかると思いますか?実際のところ、債務整理には自己破産や任意整理などの違いがあり、行った債務整理が違えば時間も変わります。ですが、どのような方法を取った場合でも、絶対に3か月は必要になります。

 

多重債務者の場合は、長引けば1年、またはそれ以上かかる可能性もあります。

 

債務整理の仕方は、数々あります。
その中で最もサッパリするのは、一括返済することです。一括返済の利点は、その債務をまとめて完済しますので、以後の繁雑な書類の処理等と返済等が必要でない点です。

 

理想的な整理の仕方だと言っても過言ではありません。

 

処分する借金を、債権者ごとに選択できるのが任意整理です。

 

 

それゆえ、お持ちの携帯電話会社を債務整理の対象から外しておけば、所有する携帯を使い続けられます。新規契約や機種変更も制限はかかりませんが、ローンは組めませんから、契約時に機種代金を一括で払うことになります。

 

ですが、これまでに携帯電話の料金が未納になっているのなら、この限りではありませんから気を付けてください。任意整理を終えて、任意整理を話し合って決めた業者からの借り入れは無理になります。しかし、任意整理の後、様々なところから借りた借金を返しきったら、およそ5年から10年経てば信用情報機関に登録されたデータがキレイに消されますので、その後は借金することができるでしょう。自己破産は、特に資産を持っていない人の場合、簡単な手続きですみますが、弁護士の力を借りないと手続きを自分でするのはとても困難です。

 

自己破産で発生する費用は平均で総額20?80万円程度と高いですが、このお金は借金でまかなうことができませんので、きちんと手元にある状態で相談してください。