債務整理をした後は、携帯電話の分割

債務整理をした後は、携帯電話の分割払いができないようになります。

 

 

これは携帯電話代の分割というものが、お金を借りていることに当てはまるからです。そんなわけで、携帯電話を購入するのであれば、一括でお金を払って購入することにするほかありません。

 

どうしても返済が難しい時に大幅に債務が減額されたり、帳消しすらあり得る債務整理ですが、生活は楽になる一方で、自己破産はもちろん、返済義務が残る個人再生の場合も、官報の裁判所欄(破産、免責、再生関係)に名前や住所が掲載されてしまいます。毎日発行されているわりに一般人が見る機会はほとんどありませんが、官報といえば、ほぼ永久的に保管される記録ですし、紙媒体以外にネットでも一般に公開されています。後悔しても遅いですから、もしどうしてもやらなければいけないにしても、じっくり考える時間をもちましょう。

 

 

事故情報が信用機関に保存される期間というのは、5年前後と見込まれています。
信用機関というのは、個人の金融情報を金融業者が共有できるようにするため設立されている機関です。

 

金融業者は、ローンやクレジットカードの審査に伴ってここに個人情報を照会します。

 

つまり、債務整理をしたら、最低でも5年間は住宅ローンを組むのが望み薄になります。

 

 

 

債務整理を視野に入れたら、心に留めておくべきです。債務整理をしたことがあるという事実についての記録は、ある程度長期間残ります。この情報が消えない間は、新たな借金が不可能になってしまいます。

 

 

 

情報は年数が経過すれば消えますが、それまでは誰もが見ることができる状態で保持されています。
もし独身時代に借金を債務整理で処分し、ブラックになっている人は、結婚して相手の苗字になったとしてもブラックでなくなるわけではありません。
業者が審査を行う場合、複数の個人情報から信用情報を調べるのです。要するに名寄せを使っているのです。

 

それゆえ、結婚して苗字が変わったとしても、審査をパスできるわけではありません。個人再生手続きをする方法ですが、これは弁護士に頼むのが一番迅速です。

 

弁護士にお願いすることでほとんどの手続きをしてくれます。その間に裁判所へ行ったり、債権者と話し合いをする場合もありますが、大変なことはほとんど弁護士にお願いできます。どんな状況なのかによって、債務整理がいいか、複数の業者の債務を1社にまとめるおまとめローンの方がいいかは違うでしょう。

 

将来利息がカットされる前者の場合、支払総額が減ることになりますが、その代償として信用情報に傷がつくので回復を待たないと新たな借金は出来ないというのがデメリットです。

 

かたや、後者の場合は利息の低い所へ借り替えることで多少の支払い総額減少は期待できますが、債務整理には及びません。
ただ、ちゃんと支払いができるなら信用情報に傷がつく心配はありません。

 

個人が債務整理を行った際には、金融機関の個人信用情報データベースにその記録が何年間は保持されます。転職や就職の際は気にすることはありませんが、業種によっては注意が必要です。つまり、銀行、信販会社、貸金業者などに就職する際には支障が出るかもしれないということです。
債務整理をしたという記録が残っていれば、就職先は細かい事情はわかりませんから、採用しないことだってありえるわけです。いずれにせよ、運に頼るしかありません。