債務整理をした知り合いからその経過につ

債務整理をした知り合いからその経過についてを教えてもらいました。
毎月ずいぶん楽になったということで本当に良かったです。

 

私にも複数の借金がありましたが、もう完全に返し終えたので私とは無関係です。

 

 

 

債務整理には短所もありますから、全部返しておいて良かったです。

 

 

 

安く済まそうと、個人で債務整理を行おうとする人がいますが、専門的な知識を十分に持っていることが必須です。

 

 

 

また、膨大な数の書類を揃えなければいけませんし、実際の手続きで長期間拘束されることになると思います。
これらの問題を考えると、債務整理は弁護士事務所などに依頼を出した方が成功しやすいと言えるでしょう。

 

 

 

知識も経験も豊富な弁護士であれば、債務整理が完了するまでの時間もそれほどかからないでしょう。
普通は個人単位で債務整理を行うので、そのメリットとデメリットが及ぶ範囲も本人だけで配偶者や家族はそれほどでもありません。
ところが、実は例外もあり、専業主婦の配偶者が債務整理をしたとすると、クレジットカードを停止されるかもしれません。なぜかと言うと、この審査は夫の支払い能力を基準に行っているからです。それだけでなく、家族の中で同じ住所に住んでいてカードを新規に作ろうとしている人がいるなら審査を通過できないことも覚悟しましょう。過払い金があれば、借金を減らすことができるでしょう。この過払い金とは、つまり高金利で貸された借金の返済分のことを意味します。

 

2008年の法改正以前は、グレーゾーン金利でお金を貸していた業者が多かったので、ここでお金を借りていた人は業者に請求されるまま、法定外の高い利息を払っていたのです。それを過払い金と呼んでいます。

 

 

もし過払い金が発生していたら、これを返してもらうことによって、債務を減らすことができるでしょう。自己破産は借金をゼロにできると言っても、実は支払義務が残るものもあります。
債務整理が基づく法律が破産法ですが、非免責事項としてその中に載っているものは引き続き支払う義務があります。例えば各種税金、養育費、罰金などが挙げられます。

 

それから、一緒に扱われがちですが、非免責事項に養育費は含まれていますが、支払う相手が成人だからか離婚に際しての慰謝料は免責となるケースがなくはありません。債務整理の際には信頼できる弁護士を見付けたいものです。まず、依頼したい弁護士の債務整理の費用と実績を確認するのをおススメします。ですが、事務所によっては異なる料金システムをとっていることがあるため、手付金にかかるお金は少なくても、他に必要な料金が高く設定されているところもあるので、要注意です。
ネットの評判などを参考にして事務所を選ぶと良いでしょう。その後、無料相談で直接話せる機会を作り、きちんとした事務所だと確信できたら、実際に依頼をすると良いでしょう。債務整理の際に、車の処分を避けたいのであれば、車のローンは継続して払い続けて、車を持ち続けることができる任意整理などの方法で債務整理を行いましょう。とはいえ、本当に持ち続けることができるかどうかは、車がなければ生活が立ち行かなくなるかどうかという点で判断が変わります。

 

仮に車を手放すことになっても、日常生活を送るのに支障がないようならば、車を所有する許可が下りませんから、専門家に状況を説明し、車を手放せない理由について説得できるようにしておきましょう。債務整理の手続きは一通り自分でやる事が可能とはなっていますが、かなりややこしい手続きとなります。それに、任意整理だと債権者とダイレクトに交渉をしなければなりませんから、もしこちらが素人だと知られれば交渉しづらくなることもあるでしょう。費用が求められますが、弁護士もしくは司法書士に請け負ってもらうのが手続きをさくさく進めたいのなら最もいい方法です。

 

経費の事を相談したければ法テラスで対応してもらえます。